RPG

『FINAL FANTASY XV』の感想と紹介

更新日:

ファイナルファンタジー XV 初回生産特典 武器「正宗/FINAL FANTASY XVオリジナルモデル」アイテムコード同梱 - PS4

開発元:スクウェア・エニックス
発売元:スクウェア・エニックス
発売日:2016年
対応機種:PlayStation 4、Xbox One

ネタバレあり

お気に入り度

先日クリアしたので、個人的感想を述べたいと思います。結論から言うと、少々残念な出来栄えでした。ですが褒めるべき点も多くあります。では、なぜ残念なのか?それは、私が待ち望んでいた『FINAL FANTASY XV』ではなかったからです。

自分勝手な意見だとは思いますが、私は『FINAL FANTASY Versus XIII』が発表された2006年から、本作を本当に楽しみにしていたのです。当時は友達と「次の主人公、チョー強そう!!」などと、はしゃいでおりましたが、なかなか発売されない本作を友達は完全に忘れている始末。

しかし、私は待ち続けました。「俺はライトニングさんが見たいんじゃない!ノクティスが見たいんだ!」と心の中で叫び、そして、名前を変えて、ようやく発売された『FINAL FANTASY XV』は、私の期待を悪い意味で裏切ってくれました。

本作の良い点と悪い点を、順番にまとめていきます。

良い点

グラフィック:言わずもがなですが、本作のグラフィックは本当に美しいです。プロンプトという味方キャラが写真を撮って、それをスクリーンショットとして保存できるのですが、面白い写真や、きれいな景色などを撮影してくれるので、見ているだけでも面白いです。

目新しいオープンワールド:オープンワールドのゲームは数多くありますが、景観はトップレベルです。「ただ広いだけ」と言う人もいますが、あの開放感は他のゲームにはない感覚です(移動のダルさは多少あります)。サブクエストやモンスターハントなど、できることも多く存在します。

仲間のスムーズさ:これには本当に感動しました。戦闘に移行する動作や、ちょっとした会話など、仲間と共に旅をしていると感じさせてくれます。

戦闘:もっとアクション性の高い戦闘を期待していたのですが、これはこれで好きです。軽快な動作で、仲間と協力しながら敵を倒します。戦闘開始から終了までストレスを感じません。

悪い点

この作品の悪い点を、さぞ沢山有るような言い方をしましたが、実は一つしかありません。進行不能なバグには遭遇していませんし、神ゲーとは言えませんが、ある程度楽しめたのは事実です。

ですが、その一つが私にとっては致命的だったのです。それは、メインストーリーです。

仲間について:最初は「仲が良くて大変よろしい、これぞ仲間」と思っていたのですが、違和感を感じたのはイグニスが失明した後です。ルーナが死に意気消沈しているノクトに対し、グラディオが「お前何様だ」と言います。

失明したイグニスに何も言葉をかけず、決心も固まらないノクトは、どうかと思いましたが、グラディオの言葉は唐突すぎる気がします。仲間ならば、どちらにも気遣うべきだったはずです。グラディオはその後も、イグニスを手助けしながら旅を続けていたので、当然、イグニスが旅に同行するのは賛成なのだろうと思っていました。

しかし、一緒に旅を続けたいと言ったイグニスに対し「俺は反対だ」と言い放つグラディオ。私は「どうしたグラディオ、大丈夫か?」と思ってしまいました。そして、そのあと何事もなかったかのように仲直り、これは友情なのでしょうか(そもそも失明させる必要あった?)。

情緒不安定なグラディオが無理やりキレて、卑屈なプロンプトが周りに気を使い、意志力のないノクトが流される。このパーティーで面白いのは、失明しても料理を作るイグニスだけです。

敵について:私は帝国との熱いバトルを期待していました。プロローグを見て「成長したノクトかっけぇ!長い時を経て、ようやく帝国と戦う準備ができたんだな!」と胸を躍らせていたのですが、変な紫と戦うだけでした。

紫がラスボスであることに文句はありません。ただ、もっと紫のことについて掘り下げるべきだったのではないでしょうか。設定だけは面白そうなキャラです。しかし、説明不足で『王族に恨みを持つ変なおじさん』としか思えません。紫おじさんは何を思い、何を成し遂げたかったのでしょうか。

それだけではありません。帝国があっけなさ過ぎます。あんな脆い国を相手に苦戦していた事実に、プレイヤーが悲しみます。(つれぇわ)

10年後のノクト達もなにが成長したのか分かりません。髭が生えただけです。ノクトに至ってはバハムートの家に招待され、10年過ごしただけ。他にも言いたいことはありますが、この辺にしておきます。次から次へと出てくるメインストーリーの不満に頭が爆発してしまいそうです。

まとめ

ボロクソ言いましたが『FINAL FANTASY XV』は、昔から期待していたファンやストーリー重視の方でない限り、そこそこ楽しめると思います。私はクリアしたあと『FINAL FANTASY Versus XIII』だった頃のPVを見てみました。全く別物です。

この作品は『FINAL FANTASY XV』であり『FINAL FANTASY Versus XIII』ではないと、思うことにしました。JRPGは、ストーリーがしっかりしていてこそ面白いのだと思います。いくら良いところがあっても、ストーリー次第で評価されない作品になってしまうこともあるでしょう。

SQUARE ENIX内部で色々あったのでしょうが、次の作品に期待しています。

人気記事

1

開発:カプコン 発売元:カプコン 対応機種:PS4、XBOne(海外のみ)PC(海外のみ) 発売日:2018年1月26日

2

開発:バンジー 発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント、マイクロソフト 対応機種:PS4、XBOne、PC 発売日:2017年9月6日(PC版は2017年10月24日予定)

3

監督:エレム・クリモフ 出演者:アリョーシャ・クラフチェンコ、他 公開:1985年

-RPG

Copyright© 鬼若葉ブログ , 2018 AllRights Reserved.