アニメ映画 戦争・歴史映画

『この世界の片隅に』の感想と紹介

更新日:

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

監督:片渕須直
脚本:片渕須直
原作:こうの史代
配給:東京テアトル
公開:2016年

お気に入り度

なるべくネタバレなし

簡単なあらすじ

広島に住む浦野すずを中心に、戦前から戦後の時代を描く物語。

『この世界の片隅に』は漫画原作のアニメーション映画です。映画情報をインターネットで探している時に見つけた作品なのですが、予想以上の映画でした。映画館でむせび泣いたのは久しぶりです

戦時中における生活の描写、声優の演技や空襲シーンの迫力。『この世界の片隅に』の映画として素晴らしい点は沢山あります。そういった点にも感動したのは確かなのですが、私が泣いた理由は、たぶん悔しかったからなのだと思います。

なぜ悔しいと思ってしまったのか、私の感想をまとめていきます。

すずの人生

本作の主人公であるすずはおっとりした性格であり、絵を描くことが趣味という、平和が服を着て歩いているような人物です。呉の北條家に嫁ぎ、ちょっときつい性格をした小姑に嫌味を言われながらも、日々を明るく過ごしていきます。

健気な彼女の人生が、戦争によって歪められてしまったと思うと悲しくて仕方がありません。序盤と終盤のすずを比べてみると、おっとりとした姿は消えて明らかに逞しくなっています。しかし、その道程は悲惨であり、もし戦争が起きなければ、画家や平凡な主婦など、他の道もあったでしょう。しかし、厳しい環境のなかで絵を描いて、ぼんやりしている事は出来ません

すずの周囲の人達も戦争によって人生を歪められてしまいます。彼女達はフィクションの人物ですが、戦争があったことは事実であり、実際に似たような境遇になってしまった方は世界中に居るでしょう。そんな方たちのことを思うと非常に悔しいです。

正直なところ、普段はそんなこと考えもしませんが、『この世界の片隅に』には考えなければいけないと思わせる力があります。

原子爆弾の恐ろしさ

原子爆弾の恐ろしさは、大半の方が知っていることだと思います。舞台が広島ということで、お察しだと思いますが『この世界の片隅に』には、原爆投下のシーンがあります。

原子爆弾を使う描写は、数々の映画やゲームなどで扱われ、ときにはブラックジョークなどで使われることもあります。私もそういったシーンを色々見てきたのですが、本作の原爆投下シーンは、ずば抜けて恐ろしいです。

終盤のシーンで被害にあった人が出てくるのですが、あまりの痛々しさに涙が止まりませんでした。この映画を見たあとに原爆のジョークなど言えません。

まとめ

本作は第二次世界大戦を題材にした映画ですが、兵隊の物語ではなく、浦野すずを中心とした民間人にスポットを当てた物語です。似たようなテイストの作品は『火垂るの墓』などがあります。

私の説明では、暗いシーンの連続と思ってしまうかもしれませんが、私の印象に強く残ったシーンをまとめただけです。他にも、明るく健気に生きる人々の生活や、迫力のある兵器や軍艦など、当時の様子が徹底的に描写されており、制作スタッフの愛を感じます。

今年見た映画ではナンバーワンの出来栄えです。2016年12月現在は、まだ上映中なので、ぜひ映画館で視聴してみてください。ちなみに今年は『この世界の片隅に』や『サウルの息子』など、第二次世界大戦を題材にした映画をよく見る年でした。

人気記事

1

開発:カプコン 発売元:カプコン 対応機種:PS4、XBOne(海外のみ)PC(海外のみ) 発売日:2018年1月26日

2

開発:バンジー 発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント、マイクロソフト 対応機種:PS4、XBOne、PC 発売日:2017年9月6日(PC版は2017年10月24日予定)

3

監督:エレム・クリモフ 出演者:アリョーシャ・クラフチェンコ、他 公開:1985年

-アニメ映画, 戦争・歴史映画

Copyright© 鬼若葉ブログ , 2018 AllRights Reserved.